新社会人になって20代までにやっておきたい事や習慣10項目をご紹介

センスプ
あなたもブックメーカーで楽しみませんか? スポーツ観戦がより面白くなりますよ^^ /
ウィリアムヒル
管理人はスマホPCタブレットでもいつでも賭けれるウィリアムヒルを利用していますよ。

上記バナーの説明書で分かりにくい場合はブックメーカーの始め方一覧記事ページ

2016年シーズンのNPBプロ野球ブックメーカーに賭けた試合の成績一覧記事ページ

ブックメーカーの始め方

新社会人になって20代までにやっておきたい事

新社会人になれば、自分でお金を稼げるのでやりたい事が色々と出来る様になりますね。

個人的に、新社会人になって20代までにやりたい事をまとめました。

とは言ってもすでに私自身はその時期をとっくに超えていますが(笑)

☑ その1 / クレジットカードを作る

クレジットカードはインターネットでの買い物に便利です。

また、手持ちが足りない時にカードでの支払いや、恥ずかしい思いをしなくて良いです。

クレジットカードは信用の証でもありますので、大人ならば一枚は所有しておきましょう。

もちろん審査がありますが「楽天カード」ならば、20才以上であれば「アルバイト・フリーター・主婦・個人事業主」など年収100万円以下でも作れると言われています。

審査内容は非公開ですが、過去の返済が滞っていたなどがない場合には大丈夫かと思います。

今までに一度もカードを作った事がない場合には通りやすいと言われています。

VISA・MasterCard・JCBのブランドが選べますが、海外旅行などにも困らない様に国際的に使われる「VISA」を選ぶのが一番良いです。


☑ その2 / 両親や祖父母へのプレゼント

初任給・誕生日・父の日・母の日・敬老の日などプレゼントを渡す機会が増えます。

今までのお礼の意味を込めて何かを贈ると喜んでくれるでしょう。

私は祖父母には敬老の日に「梅干し」を送っています。梅干し専門店の高級梅干しですね。

  • 日持ちする
  • 祖父母両者まとめて贈れる
  • 毎年、毎年、何を贈るか考えなくて良い

というメリットがあります。

バレンタインデーで例えるならば、ゴディバの高級チョコの様なものです。

祖父母とは離れて暮らしているケースも多いと思います。

そんな時にはネット通販で購入すれば、用途・届ける日・届け先まで指定できます。

楽天で買い物をすれば「ポイントも溜まる」ので、かなりお得です。

忙しくてもパソコン1台で全て完結するのが便利ですよね ♪

梅干し専門店の河本食品は、敬老の日近くになれば「焼梅干しの桐箱敬老の日用」が販売されます。

売り切れる事もありますので、早目に注文していれば安心です!

梅干し専門店 河本食品 楽天市場


☑ その3 / 毎月の読書

本を読む習慣を付けたいものです。

文章に触れていなければ、自分の主張をうまく表現したり・他者とのコミュニケーションが取れなかったりします。

興味があるジャンルや書店で気になった本で良いです。

最近では暇つぶし用ならばコンビニでも買えますよね。

もちろん、楽天で買えばポイントが貯まりますよ。

  • 飛行機・新幹線などの移動中
  • 人との待ち合わせ
  • 何かしらの空き時間

などの時間にも重宝します。

私は野球関連・話題になった本・気になった本などで年に10冊以上は購入しています。

ピース又吉直樹の火花も読みましたし「娘になった、のぶ代へ」も買いました。後者はまだ読んでいませんが(笑)

⇒ 楽天ブックスの本カテゴリー最新総合ランキング


☑ その4 / 世の中の流れを掴む習慣を付ける

ニュースを見たり国会で何が検討されているのかを知っておきましょう。

昔は新聞かテレビのニュースだけの報道でしたが、今はネットやスマホでも簡単にニュースがチェックできる様になりました。

忙しい場合には夜の報道番組だけでもチェックしておきたいですよね。


☑ その5 / 運転免許は取得しておきたい!

身分証明証にもなりますし、仕事や旅行先のレンタカーなど普通自動車免許は取得しておきたいですね。

一般的には高校や専門学校の卒業前や大学在学中に取得するかと思います。

大学生の場合には、夏休みや冬休み中に合宿で免許を取得するのも良いですね。

通う場合には、一定数の人が面倒になりお金だけは払ったのに通わなくなったという人がいます。

冬休みは高校生が多くなる時期ですので、夏休みが狙い目です。


☑ その6 / 個人年金型の生命保険に入る

個人年金型の保険と言うのは、保険会社の用意してある商品プランの一つですね。

毎月積み立てをして保険料を支払い続けて65才になれば、毎月もしくは一括で年金がもらえるタイプの保険商品です。

もし、保険を支払っている期間に亡くなった場合には、死亡保険としてお金が支払われます。

将来的に国からもらえる年金も、公務員や大企業でない限り一般的にはあてに出来る額ではありませんよね。

また、会社の倒産や退職・転職などの可能性もあり、将来の事なんて誰にも予想できません。

将来のために積み立て&生命保険になった保険をおすすめします。

満期になればお金が入り、万が一の場合には残った家族への葬儀代や当面の生活費が出ます。

日本の生命保険会社は、年齢とともに毎年保険料が高くなっていくところが多いです。

加齢に伴って保険料が増える様な生命保険会社でなく、加入した際の保険料から満期まで支払う保険料が変わらない外資系の会社がおすすめです。

日本の生命保険会社は、日本が不況ならばどうしようもありませんが、色々な国に進出している外資系の会社はそういった事がありません。


☑ その7 / 海外旅行

異文化を知る・海外旅行をする事は良い経験になります。

パスポートを作って海外旅行には行きたいですね。

アメリカなど遠い場所でなく、初めての海外旅行は台湾などがおすすめです。

親日ですし物価も安く近くいける海外旅行先ですよね。

海外旅行に抵抗がある場合にはまずは国内旅行でも良いですよ。

私の様に野球好きの場合には、遠くの球団の試合観戦旅行も良いですね ^^ /


☑ その8 / 人間関係を円滑に出来る方法を知る

人は生きて行く中で、誰とも接しない生活はあり得ません。

職場・スーパーでの買い物・近所付き合い・親や子どもの事での用事など様々に付き合いがあるかと思います。

特に職場での人間関係には疲れる事もあるかと思います。

あなた自身が人から好かれれば、それは大きな財産になり人間関係も円滑にいくでしょう。

煩わしい人間関係に悩む事から解放されれば、かなり人生を楽しむ事が出来る様になると思います。

心理学博士&カウンセラー古宮昇が教える!なぜあの人は誰からも好かれるのか?人から好かれる11の秘密

 


☑ その9 / 何かしらの趣味を持つこと 趣味は人によって様々だと思います。 現代社会ではストレス過多からのうつ病も問題視されています。

ストレス発散や息抜きになる趣味を持つ様にしましょう

私の場合は、スポーツ観戦でブックメーカーをする事と麻雀ですね。

ウィリアムヒルスポーツ

競馬の凱旋門賞・プロ野球・メジャー・Jリーグ・欧州サッカー・オリンピックなど色々なスポーツに賭ける事もできますし、オンラインカジノも用意されています。

DORA麻雀

合法的に賭けれるユーザー同士の熱い対戦のガチバトルが楽しめます。無料の練習台もるんです。


☑ その10 / アダルティのすすめ

AVを見ない人はいないと思います。

男性だけでなく女性も一定数の割合で見ているAVですね。

店舗のレンタル店で借りるには品数が少なかったり、返却が面倒だったり保存が出来なかったりします。

せっかくならば、動画としていつでも見れる様にしたいですよね。

また、女性ならばレンタル自体が恥ずかしいかと思います。

ネットで動画を買う時代なんですね。

男性だけでなく、女性用のAVも揃っているんですね。

それが、楽天とも提携がある「アダルト動画サイトDUGA」になります。

簡単に出来る無料のアカウントを作りログインすれば「サンプル動画が見放題」になります。

DUGAのトップページ

DUGAの女性向けAVページ

誰にもバレずにスマホでも楽しめますよ ^^ /

あなたもブックメーカーで楽しみませんか? スポーツ観戦がより面白くなりますよ^^ /
ウィリアムヒル
管理人はスマホPCタブレットでもいつでも賭けれるウィリアムヒルを利用していますよ。

上記バナーの説明書で分かりにくい場合はブックメーカーの始め方一覧記事ページ

2016年シーズンのNPBプロ野球ブックメーカーに賭けた試合の成績一覧記事ページ

ブックメーカーの始め方

フリーターや主婦でも作れる「楽天カード」は他のカード会社と比べても審査が緩和されています。 海外旅行でも困らない様に国際ブランドNo.1の「VISA」を選ぶのがベスト!


関連記事

コメントは利用できません。

2016プロ野球シーズンの予想と結果を集計中

 

35勝17敗

勝率 .673

>>> 集計と予想の詳細ページ <<<

ブックメーカー

ウィリアムヒル

他のギャンブルより断然勝てるその理由とは?

ブックメーカーが勝てる理由とは?

ライブベットを制してブックメーカーで勝つ!

ブックメーカーが勝てる理由とは?

勝ったお金は出金して好きに使いましょう♪

勝ったお金は出金して好きに使いましょう

ブックメーカーで勝つ方法をあなたへ伝授

ブックメーカーで勝つ方法

俺流!ブックメーカー日記

ページ上部へ戻る